【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

0歳1歳2歳の習い事!幼児教室、英語、体操、音楽、水泳全て体験した結果

こんにちは、ゆーままです。

0歳、1歳、2歳、3歳…はじめての習い事を考える方も多い年齢だと思いますが、いざ始めてみよう!と思うと「何が良いの?」と迷って決められない方も多いのでは?

今回は幼児教室(知育)、英語教室、体操教室、水泳教室、音楽教室全て体験した私自身が思ったこと、おすすめしたいと思ったものをお伝えします☆

初めての習事☆幼児の習い事のおすすめランキング!

私の初めての習い事でおすすめランキングはこちら。

5位.音楽教室

4位.体操教室

3位.水泳教室

2位.英語教室

1位.幼児教室

詳細な理由は下に記載しますが、あくまで「0歳・1歳・2歳・3歳のはじめての習い事」を前提に考えた結果です。(4歳以上の方の場合、ランキングが少し変わってきますので注意!)

5位:音楽教室

最近結構人気の高いと言われている、音楽教室。

音楽教室とはいっても、0歳・1歳・2歳・3歳だと主にリトミックの教室になりますね。

音楽に合わせてリボンを動かしたり、小さな楽器(タンバリンやトライアングル、太鼓、カスタネットなど)を演奏したりします。

主な音楽教室はカワイ音楽教室、ヤマハ音楽教室。

メリットとしては、

・リズム感が身につく(楽しく音楽に親しめる)
・協調性が身につく

個人的に体験して思ったのは、正直リトミックは家でもできるかなと。

音楽に合わせて簡単なダンスをしたり、流しながらちょっと楽器を振ったりして、マネさせて遊ぶ程度。どこの音楽教室もピアノなどの本格的な楽器を使って習うのは、早くて年少さんくらいからです。

1つ習わせるのに音楽教室を選ぶなら他の物でもいいかなと思いました。

ただ、幼稚園受験ではリトミックの試験があるところもありますので、不安な方にはおすすめします

年少さんになり、鍵盤が引けるようになったらピアノ教室を習わせるのはすごく良さそう。

東大生の習い事の確率が高いとも言われるくらい、頭の体操になります。(指を動かす・指の力がつく)

4位:体操教室

次に運動教室・体操教室。

カワイ体操教室や、コナミスポーツクラブなどが大手です。
最近は英語オンリーの体操教室Mygymなども多くなってきています。(ただしちょっと高いですが)

教室によってカリキュラムが違うのでなんとも言えませんが、体操教室と言っても、幼児期ですとやはりやれることが限られてくるため、簡単な内容や親子で身体を動かすということがメインになってきます。

例えばトランポリンをしたり、親の身体を使って運動したり(ひざの上に立つなど)、平均台の上を歩いたり、トンネルをくぐったり。

メリットとしては

1.体力がつく
2.疲れてくれるのでぐっすり寝てくれる
3.運動神経が良くなる

というところでしょうか。

運動神経の良さって、生まれつきではなく「幼い頃にいかにたくさんの動作をする練習をしたか」ということらしいです。

もちろん本来の体つきや多少のセンスなどはありますが、能力的なところで言うと、訓練次第だそう。

なので将来スポーツをさせてはあげたい!という方や、運動神経を良くしてあげたい!と思う方にはおすすめ。

ただ、先程の音楽教室と同様、公園の遊具やアスレチック、家でもこのような動作はできるのでわざわざ1つ目の習い事にするまででもないかなというのもあり、4位にしました。

3位:水泳教室

水泳教室も昔から「丈夫になる」と言われており、幼児期にはかなり人気の習い事ですね。
幼児期の習い事の代表といっても過言ではないと思います。

メリットとしては

1.疲れてくれるので夜ぐっすり寝れる。
2.体力がつく・丈夫な身体になる
3.親も一緒のところが多いので、一緒に運動ができる(ただし水着になる必要がありますが。笑)

水泳は家ではなかなかできないですし、基本的におむつを卒業していない子は市民プールにも入れませんよね。

幼児向けの水泳教室なら気にせず親子で身体を動かせて、体力もつきます。

私自身は幼児期に水泳教室に行っていましたが、たしかに今でも人並み以上には体力があり丈夫です。笑

身体を動かす教室としては、一番おすすめです。

2位:英語教室

水泳も割と良いかなと思うのですが、それ以上に良いと思うのが英語教室。

特にこの0歳・1歳・2歳・3歳という年齢だからこそおすすめしたい教室です。

というのは幼児期が一番耳が良いので、ネイティブのような発音を真似するのがとっても上手。そして、なんとある研究では「5歳までに聞いたことのない発音になれることはできない」ということもわかっています。

つまり、これから英語が更に重要になってくる今の子どもたちにとって「幼児期にたくさん英語と触れ合うこと」で今後の英語の学習の活き方が違ってきます。

メリットは

・早期から英語に触れておくことで英語脳(英語耳)を鍛えられる!
・幼児期は真似が上手なので、発音が良くなる。(後から発音を学ぶのは大変!)
・小学校などで英語を習うときにつまづきづらい。
・将来の武器になりやすい!

段々と英語学習の開始時期が早まってきてはいますが、グローバルに活躍する子供になるためには幼児期からの働きかけも必要不可欠。
(そして、海外に行かなくても日本の外資で働くなどの選択肢も増えます)

英語に関しては家でも絶対にやったほうがよいと思うので、習い事よりも家で教材をすることのほうが優先度は高いですが、習い事+家での教材なら間違いないですね。

うまく教えられない、発音が心配…という方もいると思いますので、教室に通うのも1つだと思います。

1位:幼児教室

個人的に不動の第1位、幼児教室。

大手でいうと七田教室ベビーパークなどが有名です。(私もどちらも体験に行きました。どちらも体験が無料なのでどんなものか行ってみるのをおすすめします!)

長い間水泳教室などが人気でしたが、研究で「子供の脳が3歳までにほとんどがつくられている」ということがわかるようになり、一気に教育熱心な親の人気の習い事になりました。

私も1歳から初めての習いごとで幼児教室に行かせましたが、2歳半になった今でも「1歳から続けてきてよかったな」と思います。

メリットは

・地頭がよくなる
・鉛筆の持ち方やお箸の持ち方などが自然とできるようになる。
・好奇心・探究心の強い子になる
・辛抱ができる子になる(机に座る時間が長いので)

私より前に入っている子もかなり優秀ですし、幼児教室に通っている周りの子はやはり近くの公園や児童館で出会う子とは(言葉は悪いですが)違うと思います。

具体的に言えば考えられる子が多い。言葉が早く語彙も多く、マナーなども身についている子が多いです。(もちろん個人差はありますし、早ければ良いというものではありませんが。)

記念受験ならともかく、幼稚園受験や小学校受験などの早期受験を本気で考えている人は大体教室に通っていますので、特に受験を考えている人は習い事にするのをおすすめします。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【口コミ】幼児教育でも有名な七田式教室に体験に行ってきました!

ベビーパーク2回目の体験。雰囲気と内容、他幼児教室との比較

[/box06]

【まとめ】はじめての習い事は自分の子供をどうしたいかで考えると◎

上記にあげた以外にもクリエイティブな子供を育てる工作教室(アトリエ)やバレエ教室など、習い事は数えればキリがないほどたくさんあります。

まずは親自身が「どんな子供になってほしいか」「どんな力を伸ばしてあげたいか」というのを考えて、納得したところに通わせてあげるのがよいと思います!

子供が「ここに行きたい」と言えるならいいですが、まだ言えないうちは、連れて行く親の気持ちで良いと思います。

ただ、個人的には0歳1歳2歳3歳というまだ幼児期、かつはじめての習い事でつぶしがきくという意味で英語や幼児教室が間違いなくこれから誰のためにもなるかなという気がします。

とりあえず体験をさせるのも1つですよ☆

ベビーパークの無料体験は個人的にスタッフの対応も良く、勉強になり良かったです。
まだ行ったことのない方はぜひ行ってみてくださいね☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です