【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

産み分け体験をブログで公開。結果は失敗!?

こんにちは、3歳の男の子を育児中、第2子妊娠中のゆーままです。

実はわたしは2人目に関しては「女の子がほしいな~」という気持ちがあり、妊活にあたって産み分けに挑戦しました。

正直人にはなかなか言いづらい「産み分け」。

今日はそんな産み分けの体験について、このブログで公開してみたいと思います。

希望の性別があるのは全然普通のことだと思う。

インターネットを見ていると、中には

「産み分けなんて希望じゃなかった時に可哀想…」とか、

「どっちにしても自分の子供なら可愛いはず。産み分けする人に産む資格なんてない!」

なんていう厳しい意見も見かけます。

いや、言いたいことはわかる。

けど、どちらにしても可愛いのは当然のことで、希望の性別じゃなかったら要らないと言っているわけではない。

妊活して子供ができたら、どちらの性別でも産まれてきたら可愛いのは大前提。

その上で、「どちらかといえば女の子(男の子)を産みたいな~」といった希望の性別があるのは至って普通のことだと思います。

1人目はそんなに強い希望でなくても、2人目ならなおさらかもしれません。

私も、

1人目は「とりあえず運命に任せよう」→男の子判明

そして2人目にして「3人以上は考えていないから、できれば女の子がいい!」→産み分けしよう!

という感じでした。

自分も旦那さんの家族構成も異性の2人兄弟だったから、なんとなく男女1人ずつがいいな~と思っていたのもあったかな。

産み分けすることに関して、なんとなくまだ言いづらい風潮の世の中。

「産み分けしてみたいけど、なんとなく周りから反対されそうで産み分けしたいって言えない」とかいう人も中にはいると思うんです。

まずはそんな人のために、「そんなの気にする必要ない!やったもん勝ち。」と言いたいです。

赤ちゃんを授かってから「希望の性別じゃないから要らない」なんて言っていたらそれはまた別の話ですが、産み分けすること自体は悪じゃないですよね。

そもそも100%の産み分けなんてない!産み分け方法とは

前置きが長くなりましたが、残念なことにそもそも100%の産み分け方法は存在しません。

海外では体外受精で精子の選別をして、ほぼ100%の産み分けをすることも不可能ではないそうですが(お値段も高額だそう)、日本では倫理的な観点からそのような産み分けは行っていません。

なので厳密に言うと「日本において」は、100%の産み分けというのはありません。

じゃあ日本でできる産み分けってなんなの?というと

1.排卵日を特定し、どちらかの性別が産まれる可能性の高い日に性交をする。

2.希望の性別に合わせてセックスの内容を変える。

3.産み分けゼリーを使う

の3つ。(他にも「食べ物が~」というのもありますが、正直ジンクスです。ここでは科学的な根拠があるものだけをピックアップしています。)

その中でも私が行った産み分けの方法は 2.セックスの内容 3.産み分けゼリー です。

なぜ排卵日の特定は行わなかったのか

1の排卵日の特定も本当はしたほうがより確率があがるのですが、

1.病院に通っても確実な排卵日特定は難しい

2.排卵日特定には毎日特定の時間に体温を測ることを数ヶ月続けなければならず、大変…

 

と、いうことで、私にはそこまでの時間的・精神的余裕はないのでパスしました。

時間的に余裕のある方は病院に通って排卵日を特定するか、排卵検査薬などを使ってやることをおすすめします。

created by Rinker
ドゥーテスト
¥1,930 (2020/10/19 23:02:50時点 Amazon調べ-詳細)

2.セックスの内容(濃度)を希望の性別によって変える

2のセックスの内容(濃度)ですが、女の子希望の場合はあっさりと浅いところで射精、男の子希望の場合は前戯をしっかりとし、深いところで射精するというもの。

女性が感じると膣内のpHがアルカリ性によるため、その性質を利用して産み分けをします。

3.産み分けゼリーを使う

そして最後に産み分けゼリーを使うこと。

お金は少しかかりますが、これが1番手軽、かつ確率がぐんと高まる方法でした。

私が使った産み分けゼリーがベイビーサポートという産み分けゼリーなのですが、産み分けの成功確率が産み分けゼリーの中でも高く、安全面でも1番安心できたのでこちらを使用しました。

コスパ面でも1番良いのでおすすめです。

いざ、産み分け実践!

妊活しようと決めたら早速産み分けを実践します。

産み分けに必要な準備

私達夫婦が行ったのは産み分けゼリーと性交の方法を変えることだったので、今回産み分けの準備や必要となったのは産み分けゼリーのみ。

私が使ったベイビーサポートはゼリーが余った時の返金サポートなども受けられたりとお得な特典があったので、公式サイトで買うことに。購入手続きから数日後に到着しました。
(人気の商品なので、排卵日特定をする方は念の為数週間前から買っておくことをおすすめします。)

これにプラスして、排卵日予測を組み合わせる人は排卵検査薬も必須です(病院で特定する場合は必要なし)

産み分け実践当日

性交の際に気をつけたのが上にも書いた通り内容(濃度?)。

私は女の子を希望していたので、それはもう蛋白に(笑)。

旦那さんには申し訳ないのですが、ここは徹底したかったので前戯などはなしで射精前に挿入しました。

排卵日予測をしている方は希望の性別を狙った日の当日(女の子なら排卵日の2日前、男の子なら排卵日当日)にします。

産み分けゼリーを使用することで膣のpHを調整してくれるので、確率がぐんとあがります。

なので確実に排卵日特定ができていなくても、予防線になります。

排卵日特定はできていると思っていてもなかなか確実に特定をするのは難しいと言われているので、いざというときの安心材料になりますよね。

産み分けをした結果~産み分け失敗?

産み分けをした結果ですが、先日わかった性別は「男の子」でした!笑

ええ、希望の性別「女の子」ではありませんでした。

ただ、気持ち的に残念かどうかというと

「やれるだけのことはやった!」という気持ちなので、残念だったりとか後悔しているという気持ちは全くありません。

 

上にも書いてあるとおり、100%の産み分けなんて存在しなくて。

なので、80%以上の成功率でも「あくまでも高確率」だというのはもともとわかっています。

 

第1子を見ていても男の子はやっぱり可愛いし、自分の子は間違いなく性別なんて関係なしに可愛い!!

自分の中でやれることはやったので、あとはどちらでも可愛がるだけです。

というわけで性別が男の子とわかった瞬間は正直もう少しショックを受けるだろうな~と思っていたのですが(笑)、思った以上に切り替えも早く、上の子とのお揃いの服をいそいそと揃えています。←気が早すぎる母。爆

 

妊娠・出産は自分の一大イベントであり、決してやり直しのきかないもの。
個人的には人の目などを気にしてやらないよりは、絶対に「やっておいたほうが良い」派。

もちろんリスクを負って~なんてしていたら良くないですけどね。安全なこととわかっていてやらない理由が見つかりませんでした。

理由や希望の強さは人それぞれですが、悩んでいる方は自分の希望の人生に少しでも近づけるためにも一歩踏み出してみることをおすすめします★

ちなみに産み分けゼリーの中でも私がベイビーサポートという産み分けゼリーを使った理由ですが、他のゼリーと比較して記事にしています。

前向きに迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

[box06 title=”あわせて読みたい”]

【口コミ】私が産み分けゼリーのベイビーサポートガールを選んだ4つの理由

[/box06]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です