おでかけ

【口コミ】ジブリ美術館へ子連れで行ってきました!2019

こんにちは、ゆーままです。

先日、念願の三鷹の森ジブリ美術館に3歳の息子を連れて行ってきました!

この記事では

・三鷹の森ジブリ美術館は子供でも楽しめる?(対象年齢は?)

・子供が楽しめるスポットは?

というところに関して、実際に私が行ってみて感じたことを書いていきたいと思います!

三鷹の森ジブリ美術館とは

三鷹の森ジブリ美術館は、名前の通り宮崎駿監督率いるジブリスタジオの美術館です。

井の頭公園の隣に位置しており、三鷹、もしくは吉祥寺からバスで乗っていけるところにあります。
(三鷹駅からコミュニティバスで5分ほど。吉祥寺からもバスで5分程でいけます。)

主な展示物紹介

ジブリ美術館は屋上、2階、1階、B1階と4フロアに分かれており、それぞれ展示物がおいてあります。屋上から紹介していきます!

館内は写真がNGなので、外の写真のみとなります。

屋上・ロボット兵

屋上は天空の城ラピュタの世界観がつくられており、ロボット兵とバズー・シータが滅びの呪文を唱えた石版がおいてあります。

2階

・ネコバスルーム(小学校6年生以下の子供が対象)

・図書閲覧室:おすすめの児童書や絵本を紹介している部屋

・ミュージアムショップ「マンマユート」:お土産屋さん

1階

・常設展示室「映画の産まれる場所」:わきあがった発想が一本のアニメーション映画になるまでの、作り手たちの仕事を紹介しています。

・企画展示室:1年毎に新しい展示を開催しています。

・カフェ「麦わらぼうし」

・カフェデッキ:テイクアウトコーナーでは軽食・飲み物を販売。持ち込みした飲食物もここで食べられます。

B1階

・映画展示室「土星座」:ジブリ美術館オリジナル短編アニメーション(作品にもよりますが、大体~15分程のショートアニメ)を上映しています。

・常設展示室「動きはじめの部屋」:絵を動かすことの楽しさを、見世物小屋風のさまざまな展示物で紹介。

・案内所

三鷹の森ジブリ美術館は子供(幼児)でも楽しめる?

3歳の息子が楽しめた展示といえば、

・2階 ネコバスルーム

・2階 図書閲覧室

・B1階 常設展示室「動き始めの部屋」

・B1階 映画展示室「土星座」

このあたりです。

1階の展示室が本当は一番のメインなのかもしれませんが、ここはジブリの映画にどのような技術が使われているかだったり、色の効果や表情の作り方、デッサンなどが展示されているところなので子供には難しめでした。

幼稚園生や小学生など、工作や絵に興味がでてくる年頃ならもっと楽しめたのかな~という気はします。

大人が見る分には面白いです。

 

子供が惹かれたコーナーを紹介します。

2階 ネコバスルーム

ネコバスルームは5分の入れ替え制で、(子供には)大きいネコバスのぬいぐるみがおいてあります。

靴下と靴を脱いでネコバスの上にのぼったり、ネコバスの中に入ったりしてアスレチック感覚で遊べます。

まっくろくろすけのぬいぐるみもたくさん置いてあり、転がして遊べます。

 

そんなに遊ぶ要素があるわけではないので何回も並ぶほど遊ぶわけではないですが、ちょっと身体を動かしたい~という時におすすめです。

2階 図書館閲覧室

ジブリに関連する本だけではなく、ジブリが選んだ色々な絵本・本が置いてあります。

幼児向けから小学生~中学生くらいが見るものまででしょうか。

長居はする感じでもないですが、ちらちらと見る分には楽しいです。

B1階で見た短編映画の絵本もここで買うことができます。

B1階 常設展示室「動き始めの部屋」

ここが意外に息子が面白がったところ。

主にゾートロープという手法を使った展示物が置いてあります。

ゾートロープは少しずつずらした絵やオブジェを回転させてストロボで光を点滅させると動いているように見えるという器具で、見ていて面白かったです。

手作りもできるそうなので、夏休みの自由研究などにも使えそうだと思いました。

他にもぐるぐると回すと動く仕掛けがあったりと、少し動いて自分で触ったりできるところがあるので子供としては面白いようです。

B1階 映画展示室「土星座」

約15分ほどのオリジナルアニメが見られる映画室。1人1回までしか見られません。

20分感覚で上映していますが、すぐに列ができるので並ばないと見れません。

入ったら早めに見てしまったほうが良いかもしれません。

私が行ったときは「毛虫のボロ」という短編映画で、子供には興味をもてる内容だったようです。ジブリらしい映画でした。

大体の所要時間は?

 

実際に子連れで行ってみて滞在時間は2時間半くらいでした。

チケットが10時・12時・14時・16時入場と2時間間隔であるので、平均しても大体滞在時間は2~3時間程度かなと思います。

絵や美術が好きな人やジブリ好き、詳しく見たい人はもっと長くいられると思います。

子連れで行く際のポイント・注意点

子連れで行く際の注意点ですが、ベビーカーくらいでしょうか。

館内はベビーカーが使えないので、受付から入ってすぐに地下のベビーカー置き場に起きに行くことになります。

なので現地でベビーカーを活用するつもりで行こうと思うと邪魔になってしまうかもしれません。

まとめ~幼児・子連れでもそれなりに楽しめる!~

思ったよりも幼児向けのコーナーが少ない印象ではありましたが、3歳の息子でもそれなりに楽しめました!

近くに吉祥寺もあるので、ランチは吉祥寺にでたり、井の頭公園で遊んだりすることもできます。

チケットをとるのが困難なので、一度行ってみようという気持ちでチケットをとって、行ったらその前後で吉祥寺や井の頭公園に寄るというのが良いモデルコースかなと思います^^

ちなみに当たり前かもしれませんが、ジブリの作品はある程度知っていた方が楽しめると思います。

オブジェとか細部のデザインはジブリに関連するものがあるので知っている人と知らない人で温度差が随分とあります。

幼児ならトトロくらい見せていっても良いかもしれませんね。

チケットのとり方はこちら↓