【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

【レビュー】七田プリントBの内容と成果!口コミまとめ

七田式プリントBレビューサムネイル

こんにちは、ゆーままです。

七田式プリントをAからはじめ、Bも無事に修了したので振り返りとまとめを記事にしてみました。

色々と通信教育のプリントはあるけど、七田式プリントも気になる!という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

今回レビューするプリントはこちら↓

created by Rinker
しちだ・教育研究所
¥14,300 (2021/12/06 06:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

七田式プリントBの教科は3科目!

七田式プリントBの科目ですが、プリントAに引き続き「もじ」「かず」「ちえ」の3科目。

「七田式プリントAはやってないけど年齢的にはBかな…?」などと迷っている方もいると思うので、プリントAでの「かず」「もじ」「ちえ」の3科目で主にできるようになったこともまとめておきましょう。

※プリントBはひらがなを読めることが前提になっているので、もしひらがなの読みなどが終わっていなければ、Aから始める(もしくは別でひらがなを覚える)ことをおすすめします!

★かず:1から100までの数字がわかる(数えられる&数字を正しく読むことができる。)

七田式プリントA

他にも図形の切り分け(この形をこの切り口で分けるとどの図形ができるかなど)、1~10の数字がかける、多い・少ないの概念と増える・減るの概念がわかる、順序がわかる…などができるようになりました。

もじ:ひらがなは全部読めるように!

七田式プリントA

ひらがなを正しく読めるようになりました。

やろうと思えば数日の短期で覚えさせることも難しくはないのかもしれませんが、10冊かけて毎日1ページずつ覚えてくれたので親の努力やストレスもなくマスター。自然に覚えてくれてとっても楽でした!

・ちえ:広く浅くカバー

・因果関係を問う問題(2つの絵があって、どれが因果関係になっているかなど)

七田式プリントA

・「やおやさんで買えるものはどれかな?」という問題

・仲間わけ&仲間はずれを選ぶ問題

・迷路

・間違い探し

・指定した図形と同じ図形に丸をつける

プリントAに関してもっと知りたい!という方のための詳しい記事はこちら

【口コミ】七田式プリントAの内容と成果は?3科目でコスパよし!

七田式プリントBの対象年齢は3歳半~5歳

七田式プリントBの対象年齢は3歳半~5歳となっています。

あくまで目安なので、できるなら多少早くても大丈夫。

ですが、あまりに早いと「できないから嫌!」と拒否反応を起こしてしまうので、お子さんの進度を見極めてながらすすめてあげるのが良いでしょう。

ちなみに我が家は3歳10ヶ月からはじめました。

七田式プリントBの内容を公開!

七田式プリントB「ちえ」の内容

七田式プリントBのちえではプリントAの終わりの方の延長のような内容からはじまり、幅広い内容となっています。

七田式プリントB

具体的には

・同じ柄をみつける

・迷路

・絵と記号の置き換え

・順序ー「2番めに高い」「4番めにおおきい」

・物と用途「りょうりする時に使うものに○をつけましょう」

など。

七田式プリントB「もじ」の内容

七田プリントBちえ1

七田式プリントBの「もじ」では、プリントAでマスターしたひらがなの読みの定着+ひらがなの書きの練習がメインとなっています。

新たに入ってきたカリキュラムは「ひらがなの書き」。

七田式プリントB

ひらがなの定着に関してですが、「ひらがな(単語レベル)をよんで」何かをする、という課題が入ってきます。

例えば、

問題文:したのもじに合う絵に○をつけましょう。
「いぬ」

答え:(花や虫、犬の絵などが6ほど描かれている。そのうち犬の絵3つに丸をつける。)

といった感じです。

プリントAとBでひらがなの読み書きはマスターという感じなのでしょうね。

七田式プリントB「かず」の内容

七田式プリントB「かず」では、プリントAよりも更にアドバンストな内容となっており、足し算や引き算のベースをつくるような問題が増えました。

具体的には

「あわせていくつ(足し算のベース)」
「ちがいはいくつ・わけるといくつ(引き算のベース)」

という感じできいてくる問題が多いです。

七田式プリントB

他にも

・ひだりとみぎの概念

・多いのはどちら、3番めに多いのはどれ

・少し多い数を数える(10個以上)

といったような概念的な問題もはいってきます。この辺もプリントAであったような気はしますが、少し応用がきくような問題になっていますね。

七田式プリントBを終わってみてできるようになったこと・感想

3歳10ヶ月からスタートしたプリントBも、あっという間に4歳4ヶ月で修了してしまいました。

七田式プリントBを修了して、振り返ってみると、、、

1番のわかりやすい変化は、ひらがなの読み書きが正しくできるようになったこと。

ひらがなを読むようになる時期は個人差もあり、早く読めるようにならないほうが良いなんて意見もありますが、我が子を見ているとタイミングはちょうど良かったのではないかなと思っています。

というのも、モンテッソーリ教育での「文字への敏感期」もこの年少くらいの時からカリキュラムとして組み込まれていますし、実際に我が子も自然ともじを読み書きするようになり、それを活用しています。

色々と理解する前に文字だけ読めてもしょうがないかなという気はしますが、理解も随分すすんでいる今、文字を読むことは自然なことだと思います。

そして幼稚園でも手紙を書いたり、自分や友達の名前をよんだりするのにとても役立っているよう・・・。

更にいえば、自分の興味のある分野についての研究もすすむようになりました(笑)

息子がひらがなを読めるようになって、こちらの図鑑を買ったのですが、これが大活躍。

created by Rinker
¥1,100 (2021/12/05 21:23:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
成美堂出版
¥1,100 (2021/12/05 23:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

すべてひらがながふってあり、自分で読める図鑑です。
ただ名前が書いてあるだけでなく、しっかり生態なども書いてある図鑑なので、息子も1人で夢中になって読んでいます。

シリーズ物で、「のりもの」「きょうりゅう」「でんしゃ」「いきもの」「しょくぶつ」「こんちゅう」があります!我が家は大好きな「いきもの」、「きょうりゅう」、「こんちゅう」を買いました。

・・・ちょっとプリントの話から脱線してしまいましたが、プリントをやってこんなこともできるようになり、本当にやってよかったなーというお話です。笑

七田式プリントBの次は七田式プリントCを購入しました。

七田式プリントBが終わってしまったので、当たり前のようにプリントCを購入(笑)

他の通信教育なども一応検討したのですが、やっぱり難易度やカリキュラム(内容)などを総合しても七田が一番間違いないという結論に至りました。

ちょうど七田式プリントがリニューアルしたそうで、表紙が変わっています。

内容も変わってしまったのかしらと思いきや、中身はほぼ変わっていません。

七田式プリントA~Cまでだったのが、新たにプリントCまでが増えただけのようです。

プリントDに入るころにはまた他教材も検討したいと思いますが、とりあえずプリントCに関しては修了までやっていきたいと思います◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です