【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

産み分けゼリーの副作用はある?産後結果報告!【実体験】

こんにちは、現在3歳と0歳の男の子を育児中のゆーままです。

2人目に産み分けゼリーを使って妊娠をしたのですが、

「産み分けゼリー」と聞くと、

「希望の性別が産まれる確率が高くなると聞いてちょっと気になってはいるけど、副作用とかありそう…」
「使ってみたいけど、胎児に何かあるんじゃないかというリスクが怖い。」

と思う方も少なくないのではないでしょうか。

 

私も実はその1人でしたが、かなり入念に調べた上で産み分けゼリーを使って妊娠するという判断し、無事に出産を終えることができました!

今回は私のように、「産み分けゼリーを使ってみたいとは思っているけど、副作用やリスクが怖い」という方のために実体験と経過報告をしたいと思います。

産み分けゼリーの副作用・リスクはある?

気になる「産み分けゼリーの副作用・リスクはあるの?」というところ。

まず産み分けゼリーの各社が発表している情報では今まで特に産み分けゼリーなどで何かトラブルが発生したという報告はあがっていないとのことです。

日本のメーカーに関しては口にいれても大丈夫な材料を使っていますし、身体に使うものなので安全基準を満たしたものになります。

そしてもし産み分けゼリーのリスクや弊害などがあった場合は色々な病院などでもとっくに注意喚起されいてるはずなので、この副作用などのリスクはまずないと考えても良いと思います。

私も無事に第2子を出産しましたが、全く問題なども見つからず、元気な男の子を産むことができましたよ!

産み分けゼリーは国産の物を使ったほうが安心

とはいえ、やはりなんでも良いというわけではなく「安全なものをしっかりと選ぶ」というのが最低条件です。

海外製のもの(中国製など)のものも多く出回っていたりして、中身がよくわからない…という場合もあります。

やはり安心安全なのは国産メーカーのものだと思います。

その中でできる限り産み分け確率の高いものを選べるといいですね。

私が使ったのはベイビーサポートという産み分けゼリーですが、唯一容器も中身もすべて国産、そして国産メーカーの中では1番成功率が高いということで、安心して使うことができました。

産み分けゼリーは国内メーカーで気に入ったものを選ぶのが大事★

基本的に国産メーカーの産み分けゼリーは安心して使っていけそうですので、あとは気に入ったものを選ぶのが良さそうです。

使い勝手や成功率、イメージなど色々な点から気に入ったものが見つかるといいですね!

参考までですが、私がベイビーサポートという産み分けゼリーを選んだ理由も別で記事にしています。

よかったら参考にしてみてください^^

【口コミ】私が産み分けゼリーのベイビーサポートガールを選んだ4つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です