知育

ベビーパークの英語講座徹底調査・比較!【口コミ】

こんにちは、英語育児に奮闘中、ゆーままです。
私も注目している幼児教室、ベビーパークのおうち英語育児講座が2018年秋から始まりました!
英語育児を頑張っているママの1人としてこれは見逃せない…!ということで、他教材との比較を調査してみました。

ベビーパーク英語育児講座とは

ベビーパークは元々知育の幼児教室です。

0歳~3歳はベビーパーク3歳~8歳はキッズアカデミーと年齢別にクラスが分かれており、どちらも卒業した子供の知能は平均してIQ150を超えているそうです!

ベビーパークの英語育児講座は、そんなベビーパークが新しくだした「おうち英語を頑張る人のための通信教材」です。

対象年齢は2歳半ごろから。

通信といっても毎月何かが郵送とかで送られてくるわけではなく、全てデジタルの教材(フレーズカードとスケジュールシートのみ郵送)となっており、スマホやタブレットなどで使用します。

お家ではもちろん、外出先でもさっと英語育児ができるのが特徴です。

「3ナイ主婦が息子に小6で英検1級に合格させた話」の著者である喜田悦子(きだ えつこ)先生が監修しています。
おうち英語をやっている方は聞いたことがあるかもしれません。

この喜田先生(ペンネーム:タエ先生)がすごいお母様で、3歳前から英語育児を始めたお子さんが、「小5でTOEIC920点」「小6で英検1級合格」など驚きの成果を挙げているんです。

中には「英語だけできても…」なんて思う方もいるかとは思います。

が、息子さんも高校生になり、今年(2019年)には東京大学の推薦入試に合格、物理オリンピックの日本代表候補になっていたり…と、英語以外でもすごい成果を残しています。

喜田先生いわく、昔から英語育児をやっていたおかげで英語を勉強する時間を他の教科に当てることができたそう。
海外の物理の文献も読んでいたりと、得意の英語を活かして自分の興味のある分野を伸ばすことができているんだとか!

こう聞くと内容にも期待がもててきますよね。

では、実際のコンテンツはどんな内容なのでしょうか?

ベビーパークの英語育児講座の主な内容を5つ紹介

ベビーパークの英語育児講座には、主に以下の5つの取組みが組み込まれています。

1.語りかけフレーズ

2.絵本

3.語りかけ音源

4.アニメ・ドラマ

5.フラッシュカード

1.語りかけフレーズ

日常で使いやすいフレーズを提供してくれます。

言語の習得には周りの人とのコミュニケーションが必須なので、これは大事なコンテンツですね!

ネイティブ音声を真似して語りかけるだけの他、発音はいつでもWEBサイトで確認ができるので発音が心配…というママ・パパでも安心です。

フレーズカードもついてきます。

2.絵本

デジタルの絵本をレベルに合わせて提供してくれます。

ネイティブの音声で読み聞かせもしてくれるので、発音に自信のないママ・パパでも手軽に読み聞かせができます。

絵がついてくることでより文章の理解が深まりますね!

3.語りかけ音源

語りかけやフラッシュカードで使用する語彙・フレーズがストーリー型の音源となっています。

子供に集中して聞かせる!英語の取り組みの時間をとる!と気をはらなくても、かけ流すだけで良いので手軽に英語耳・英語脳を育ててくれます。

4.アニメ・ドラマ

英語のアニメ・ドラマなどの動画をいつでもどこでも手軽に見ることができます。

子供が好きなアニメで、楽しみながら英語に触れることができます。

5.フラッシュカード

語彙を増やすために効果的なフラッシュカード。

フラッシュカードといってもデジタルなのでスマホやタブレットでスワイプ操作をするだけで絵と単語がネイティブ発音とともに自動で再生されます。

2年間で720単語が身につくようになっています。

【幼児教室無料体験あり】ベビーパーク公式サイトで詳細をみる

ベビーパーク英語育児講座の費用・料金は?

ベビーパーク英語育児講座の費用は以下の通りです。

月払い:月々4,980円×全24回(途中退会可能)

一括払い:99,800円

ちょっとぴんとこないという方も多いと思いますので、他の大手通信教材と比較してみました!

1.ディズニー英語システム(ワールドファミリー)

2.ワールドワイドキッズ(ベネッセ提供英語通信教材)

3.ベビーパーク英語育児講座

価格はこちら↓

1.ディズニー英語システム(ワールドファミリー):フルセット 約100万円

2.ワールドワイドキッズ(ベネッセ提供英語通信教材):フルセット 約35万円

3.ベビーパーク英語育児講座:フルセット 約10万円

もちろんどれも内容に差があるので一口には言えませんが、こうやって見るとそんなに高い感じもしません。

内容の差はどうでしょうか。

ベビーパーク英語育児講座と他通信教材との比較

先程の3つの通信教材と比較すると、

1.ディズニー英語システム(ワールドファミリー):本やカード、CD、DVD、玩具、各種イベント

2.ワールドワイドキッズ(ベネッセ提供英語通信教材):本、カード、CD、DVD、玩具、各種イベント

3.ベビーパーク英語育児講座:絵本、カード、アニメ、CD(かけながし音源)

という感じ。

コンテンツの内容を並べてみるとコンテンツ自体はそんなに大差はないですが、主な違いとしては以下の点かなとおもいます。

●主な違い●

・内容の濃さ・コンテンツ量(充実度)

・イベントの有無(ベビーパークはリアルイベント無、完全おうち英語育児)

・キャラクターの有無(ディズニーならディズニーキャラクター、ベネッセならベネッセオリジナルキャラクター)

・実物教材かデジタル教材か(ディズニー英語システムとワールドファミリーは実物、ベビーパークのみデジタルコンテンツ)

というところになるかなと思います。(ここが重要ですが…)

やっぱり正直なところ、ディズニー英語システムなんかは40年以上の歴史がありますし、世界展開しているのでユーザーも圧倒的に多いです。

それだけのお金を出しただけ、ちゃんとやればそれなりに結果はついてくるようになっています。

が、約100万円を英語育児のためにぽんっと出せる家庭は限られてきますよね。

お金なんていくらでも払える、とにかく日本にいながらネイティブに少しでも近づけたい!間違いのない選択をしたい!という方であればディズニー英語システムがおすすめかと思います。

あとは目指すレベルがどこかにもよるかと。

ネイティブに限りなく近いレベルを目指したい!とかでなければ、監修の先生が実際に子供を東大に推薦入試に入れているので十分な結果ですよね。

そして、そこまでネイティブに限りなく近いレベルを目指すとするとちょっと英会話教室に通わせるなどするくらいじゃだめです。

インターナショナルスクールに通わせる、もしくは幼少期から英語のインプット・アウトプット環境をつくりがっつり取り組みをしなければなりません。

【ぶっちゃけ】どのくらいのレベルの英語力がつくの?

「じゃあ実際どのくらいのレベルの英語力が身につくの?」

というところですが、残念ながらこのベビーパークの英語育児講座はまだ始まったばかりで、実際の卒業生徒のレベルは未知です。(卒業生がでていない)

が、ベビーパークは目指すレベルとして

・小学校1年生で英検3級
・小学校4年制で英検2級
・小学校6年生で英検準1級
・中学卒業までに英検1級を取得

を掲げています。

2年間のプログラム(全24回)で、語りかけフレーズは全720種、絵本は600冊、かけながし音源は全12時間、アニメ・ドラマは200話、フラッシュカードは720枚。

がっつりネイティブスピーカー目指しています!という方は物足りないかもしれませんが、「英語を得意教科にしたい」「高校受験や大学受験で困ってほしくない」という方であればゆるく取り組む場合でも十分なボリューム、レベル設定ですよね。

ちなみにディズニーの英語システムのフラッシュカードでも510枚なので、かなりのボリュームです。(そしてディズニーの英語システムは5年間以上のプログラムで見ています)

 

【幼児教室無料体験あり】ベビーパーク公式サイトで詳細をみる

体験してみたい!という場合はベビーパークの体験に行くと分かる!

英語育児講座のサンプルや体験がないのがかなり惜しいのですが、幼児教室「ベビーパーク」「キッズアカデミー」の体験なら無料でいけます。

こちらは基本は日本語ですが、英語の取り組みも少しやっているので、もし気になるパパ・ママがいれば無料体験の方に行ってみることをおすすめします!
もちろん英語育児講座について聞くこともできます。

ベビーパークのやり方や雰囲気だけでも分かると思いますし、普通に知育の取り組みなども勉強になりますよ^^

私もこちらの無料体験へ行きましたが、勧誘もなく雰囲気も良い幼児教室だなと思いました。体験の記事はこちら↓