【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

トーマスの本「トーマスのベッドタイムストーリー」はコスパ◎でおすすめ!

こんにちは!
今日は0歳でも1歳でも2歳でも楽しめる、コスパ最高なトーマスの本を紹介します。

トーマスシリーズが好きな子におすすめの「トーマスのベッドタイムストーリー」

長年続いているトーマスシリーズなので、本もたくさん出ていますが中でもおすすめなのが「トーマスのベッドタイムストーリー」。

こちらはトーマスの中でもたくさんのキャラクター・ストーリーがが出てくる本で、全245ページとボリュームたっぷり!

収録されている話は20話!もくじを公開。

収録されているお話は全部で20話!すべて話の主人公は違うキャラクターになっています。
もくじを見てみましょう。

1.ジェットエンジンのトーマス
2.やくにたつきかんしゃエドワード
3.どうしたのヘンリー
4.すべったゴードン
5.ジェームスとソドーとうのじょおう
6.ジャックフロスト(パーシー)
7.トビーとこひつじ
8.ふたごのけんか(ドナルドとダグラス)
9.オリバーとゆきだるま
10.あたらしいなかまエミリー
11.ゴードンとスペンサー
12.くるまどめのもんだい(ビルとベン)
13.せかいさいきょうのきかんしゃ(ディーゼル)
14.うんのわるいハロルド
15.にげたゾウ(ダンカン)
16.ラスティーのおてがら
17.レニアスのジェットコースター
18.スカーロイとふるいはし
19.ピーター・サムとティールーム
20.バルジーとにわとり

1話1話のボリュームは?

1ページあたりの文字のボリュームとしては、この位。割と絵も大きめ。
このような感じで、12ページほどに渡って話が続いています。

文字も大きく書いてあるので、ひらがなが読めれば子供でも読みやすいです。

メリットとデメリット

「トーマスのベッドタイムストーリー」を購入、他の本と比較したメリット・デメリット。

メリット

・1冊にたくさんの話がつまっているのでコスパ良し!

・色々なキャラクターがでてくるので飽きない。

・すべてひらがななので、ひらがなが読めれば未就学児でも読める!
(0歳・1歳・2歳・3歳・4歳・5歳~)

デメリット

・特定の好きなキャラクターがいる場合は、その部分しか読まない恐れもある(一時期ゴードンしか読まなかった。笑)

・分厚いのでその分場所はとる

・重い。持ち運びには向かない。

まとめ

トーマスの単行本は色々と出ていますが、こんなにもたくさんの話が収録されていて良い話が入っているのはこちら位。

長く楽しむにはおすすめの本です。

アマゾンでもトーマスの本を調べると上位にあがってくる人気の本なので、トーマス好きなお子さんがいる方は要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です