【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

買ってよかった、出産を経て本当に必要な出産前準備グッズ

買ってよかった、出産を経て本当に必要な出産前準備グッズ

こんにちは!

2016年8月頭に息子が誕生しましたが、その時に購入してよかったと思うものがいくつかあったのでこちらで共有します。

出産前に購入するものってかなり悩みますよね。

正直実際に生まれてこないとわからないし、かといって生まれてきたらきたで買いに行く時間もないし…

ということで、今回は私が出産を経て本当に必要だったアイテムを紹介します。

必須!絶対に買っておいて正解だったアイテム

自分が出産の時に絶対に買っておいた方が良いと思ったアイテムはこちら。

1.抱っこ紐(エルゴ)
2.大人の敷布団一式
3.哺乳瓶
4.おむつ専用ゴミ箱
5.衛生用品(爪切りとクリーム)
6.最低限のベビー洋服
7.沐浴グッズ
8.授乳ブラ

各オススメは

1.抱っこ紐(エルゴ)

移動手段が歩きと電車の私には抱っこ紐は本当に無くてはならない物。
2歳前になった今では息子が重すぎて使わなくなったものの、ボロボロになる位毎日使い倒しました。

抱っこ紐にも色々とありますが、口コミなど色々加味して、鉄板のエルゴ。

当時、別売りで新生児用のインサートを買わなくても良い「エルゴ アダプト」がでたのでそれを買ったのですが、正解でした。

使い勝手もよく、便利です。

生地や柄など色々でていますが、個人的にはどんなファッションにも合って場所を選ばないため、黒を選んで良かったと思っています。

ベビーカーも併用していましたが大人しく乗ってくれなかったりするのと、階段の多いところなどでは逆に大変なのでエルゴが大活躍でした。抱っこ紐サマサマです。

2.大人用の敷布団(シングル)

我が家では私と旦那さんはベッドで寝ているのですが、一緒にベッドに寝るわけにはいかないし(潰れたり落下の危険があるため)、ベッド横に布団を敷こう!ということに。

ベビーベッドやらベビー布団やらありますが、私が購入したのは大人用の敷布団パッド。

ベビーベッドやベビー布団だとすぐに小さくなってしまうし、その割に結構いいお値段しますよね。

品質も悪くなくて(寝心地悪くなくて)、そこそこ大きくなっても使えるものをと思い大人用のものを買いました。

あまり柔らかいとうつ伏せになった時に窒息してしまう恐れがあるので、最初は少し固めのベットパットが良いです。

おねしょや汗などで匂いがつくことを考えるとそこまで長く使えないと思ったほうが良いと思うので、あまり高くないもので。

枕はほとんどの赤ちゃんが寝相が悪いのであまりいらないかなと思います。
子供が欲しがるようになったら買えばいいかな。

3.哺乳瓶と消毒液

完全母乳で育てる予定だった私ですが、病院で用意した方が良いと言われたのでこちらも購入しました。

やっぱり初産ですぐに母乳がでるわけではないし(むしろ全然足りなくて病んだ)、最初からミルクに全く頼らないというのは難しいと思うので1本はあったほうが良いと思います。搾乳したのも飲ませられますし、自分が手を離した時にも誰かに水分補給をさせてもらえます。

生後3ヶ月位から急に哺乳瓶の乳首が受け入れられなくなったのでそれ以降は使わなくなりましたが、それまでは麦茶を飲ませたりするのにもよく使っていました。

ちなみに果汁用とやらの小さい物を買いましたが、こちらはほとんど使わなかったです。

 

また哺乳瓶や食器など、赤ちゃんが口に入れる物は数ヶ月食毒が必要になります。
湯煎で消毒などもできますが手間を考えるとこちらも常備しておいた方が安心です。(夜、寝ている時などに消毒しておけます。)

4.おむつ専用ゴミ箱

最初の方は「いるかな?」と思いつつ買ったのですが、離乳食始まってからかなり臭いがでてきました。

うちは可燃ゴミ週2回で当日の朝出すので、最低でも3日間は部屋に置いておくことになります。
普通のゴミ箱だと部屋に臭いが充満しますし、ただでさえゴミ箱自体にも臭いがうつるので、やっぱり必須だと思います。

こちらは専用のビニール袋が必要になります。
私はAmazonの定期便で少し安く買っています。

5.衛生用品 爪切り・クリーム

赤ちゃんは爪が薄いので、爪をこまめに切ってあげないといたるところに引っ掻き傷ができてしまいます。

ひっかき傷を防ぐためのグッズとしてミトンもありますが、赤ちゃんは手先や足先から熱を逃がすので、ミトンをすると熱がこもってしまうそう。やっぱりこまめに爪を切るのが良さそうです。

小さくて先が丸くなっている赤ちゃん用の爪切りハサミは、安全で切りやすいです。

また、生まれたての赤ちゃんはぷるぷるなお肌かと思いきや意外と乾燥肌です。口に入っても大丈夫なクリームがあると心強いです!
私は出産直後の授乳で乳首が切れてしまったので、乳首にも塗ったりして保湿していました。
(赤ちゃんの唾液で乾燥しやすい上に、吸い付きが強いのでかなり傷ができやすくなっています。)

6.最低限のベビー洋服

息子は8月頭のかなり暑い時期に生まれたので、重ねて着る服を用意するというよりは汗かいた時用にオーガニックコットンの肌着をたくさん用意するという感じでした。

私が用意したのは半袖のロンパースが3枚、丈の短い物が3枚。合計大体6枚程度だったかな。何かと汚れやすいので少し多めに用意して、これでちょうど位でした。

上に羽織るものも4-5種類程用意しておいて、後から買い足すような感じにしました。

冬生まれの子は肌着に加えて羽織ものをいくつか買ったほうが良さそうですね。

7.沐浴グッズ

これはあまり長いこと使えませんので、人によってはいらないという人もいます。

が、私は買ってよかったなと思いました。なくてもできるけど、これがあることで息子も大人しくしてくれていました。

8.授乳ブラ

おっぱいがでるようになってくると漏れるのでブラが汚れるのと、間違いなく授乳しやすいので卒乳するまではほとんど授乳ブラを使っていました。ノンワイヤーで真ん中にスナップボタンがついていて、ストラップの部分からぱかっと開けられるタイプのものが良いです。あとは柔らかい素材がいいかな。

漏れるのは授乳パッドで対応できますが、やっぱり授乳が楽なので機能的にも普通のブラとで全然違いました。

まとめ

本当に必要な物は正直、産んでみないとわからないですよね。

おくるみとか退院する時の一瞬しか使わなかったし、沐浴用のスポンジとか無駄に買ったものも結構あったかも…

抱っこ紐は誰でもあった方が良いかなと思いますが、車移動が多い人であればベビーシートなどは必須ですし、徒歩が多ければベビーカーまたはバギーもあったほうがよいです。

近くにあまりベビーグッズを売ってるお店がない方は出産前に買ったほうが良いかもしれませんが(といってもネットで買った方が便利だけど)、基本的には少なめにしておいて、必要に応じて後で買い足すのが良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です