【期間限定】おうちで知育体験!8,000円のレッスンが今だけ無料★お得な情報はこちらをクリック

牛乳パックでつくる簡単ストロー落としの手作りおもちゃ

牛乳パックでつくる簡単ストロー落としのおもちゃの作り方

こんにちは、ゆーままです。

今回は「牛乳パックで作る、簡単ストロー落としのおもちゃ」の作り方を紹介します!

どんな物をつくるか、そして材料さえ揃ってしまえば、30分もかからずに作れます。
というか見た目にこだわらなければ5分くらいでできます。笑

お家にあるものですぐにできて、指先の運動にとっても良いので、ぜひ作ってみてくださいね☆

簡単!「牛乳パックでつくるストロー落とし」の材料

「牛乳パックでつくる手作りストロー落としおもちゃ」材料はこちら。

牛乳パックでつくる簡単ストロー落としのおもちゃ
☆牛乳パックでつくるストロー落としおもちゃの材料☆

・牛乳パック(事前に中身を洗って乾かしておく)

・周りをつつむ紙(見た目を綺麗にするためのものなので画用紙でも何でもOK!私はA4サイズの印刷用紙を用意。少し分厚いほうが牛乳パックの絵が見えなくなって良し◎)

・カッター(穴あけポンチがある方はそれでもOK)

・ストロー

・両面テープorのり(写真にはありませんが紙を貼るときに必要)

簡単!「牛乳パックでつくるストロー落とし」の作り方

それでは早速つくっていきましょう☆

まず最初に牛乳パックの周りに紙を貼っていきます。

牛乳パックに両面テープやのりでをつけて、紙でつつんでいきましょう。

これだけで見た目が綺麗になります。
端っこのところはペロペロとめくれてしまうので、上からテープを貼るなどして補強してくださいね。

この紙の上からストローの穴を開けていきます。

ストローの穴を開けたいところにストローをあてて、周りを囲むようにして鉛筆で印をつけます。

こんな感じ↓

全ての面に穴を書き終えたら、カッターで切っていきます!

牛乳パックなので簡単に切れます。

全ての穴をあけるとこんな感じに↓

次に、中に入れるストローを作っていきます。

ハサミで切るだけ!

長いと入らなくなってしまうので(笑)ちゃんと落ちるように牛乳パックの幅よりも短くしましょう。

こんな感じ↓

全てのストローが切り終わりました☆

遊ぶところが完成したので、上の開け締めするところをつくります。

牛乳パック本来の姿に折りたたんで、重なる端っこの部分を四角く切っていきます。↓

穴がうまく開けられたら、ここに紐やリボンを通しましょう。

これで遊んでいる時に結んでおけば、ストローがでなくなります!

全て入れ終わったら、リボンを開けてストローを出すようにすると、繰り返し何度も遊べます。

\これで、大枠が完成!/

あとは見た目を整えます。
足りなかった上の部分に紙を少しだけ張り足して、少しおもちゃっぽくアレンジしていきます。

私はシンプルかつ雰囲気をかわいくしたかったので、穴を窓に見立ててお家っぽく。

黒と赤のマジックで屋根を描いただけですが、結構可愛くなりました!

マスキングテープとか、シールなどを使っても可愛いと思います。
ここは親子の好き好きでアレンジしてくださいね。

\かんせい!!/

シンプルだとインテリアにも馴染んでくれました。

子供もストローがすぽんと入っていくのが楽しいようで、1度やりはじめると何度か出して遊んでくれます。

ストローはペットボトルキャップやポンポンのぽっとん落としよりも細いので、更に細かい指先の運動になります。

本当に簡単にできるストローのぽっとん落とし。

家に空いた牛乳パックがある方はぜひ作ってみてくださいね☆

他にもある!手作りぽっとん落とし(ぽんぽんバージョン)はこちらからどうぞ☆

ダイソーで買うだけ!「手作らない」200円でできちゃうぽっとん落とし♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です